授乳後 胸

垂れ胸やしぼんだ胸は治る?【授乳後のバストアップ法5選】

妊娠中から産後、授乳後にかけて、
ママの胸の大きさには大きな変化がありますね。

 

妊娠中から少しづつ胸が大きくなり始め、産後の授乳中には、
これまでにない大きさ、胸の張りを体験する人も。

 

小さな胸がコンプレックスだった女性でも、
この時ばかりは、巨乳が体験できますよね♪

 

しかし、授乳も終わって日にちが経過すれば、
今度はどんどんと急速に胸がしぼんでいく、垂れてしまう…
という残念なことに。。

 

産後、授乳後に訪れるこのような胸の垂れやしぼみは、
年齢に関係なく20代の若いママでも起こることです。

 

 

おばあちゃんのようにしぼんで垂れてしまった自分の胸を見て、
悲しくなってしまうママがたくさんいます。

 

ママになったからには、もう諦めるしかないのでしょうか。。

 

美容外科の手術なら、確実にバストアップは出来ますが、
やはり、リスクが大きいですし、費用も心配ですね。

 

 

授乳後の垂れた胸、しぼんだ胸の原因は
バストを支えるクーパー靭帯の伸びてしまうことや、
授乳による影響、妊娠中の皮膚の伸びなど
さまざまなことが重なっています。

 

ですから、ある程度はどうしようもないことなのです。

 

しかし、少しづつでも胸のケアをすることで
バストのハリを取り戻すことが出来ますよ!

 

 

授乳後、産後ママにおすすめ!自宅でできる簡単バストアップ法5選

 

授乳後、産後ママにおすすめな
自宅で簡単にできるバストアップ方法をいくつか紹介しますので
是非試してみてくださいね。

 

(1) バストマッサージ

 

バストマッサージは乳腺に軽い刺激を与えることで、
バストアップを目指します。
マッサージをする前には、リンパの流れを良くするために、
鎖骨あたりをなでるように円を描いてください。
これで、マッサージ効果が高まります。

 

マッサージの方法は、まず左胸の両側から中心に向かい手で押します。
背中にある脂肪も一緒に胸の中心に移動させるようにしてゆっくりとマッサージ。
右胸も同様に、左右各10回ほど繰り返しましょう。

 

次に、胸の下から上に向かって押し上げるようにマッサージします。
両胸を同様に、左右各10回ほど繰り返しましょう。

 

マッサージをするときは、
あまり力を入れて刺激が強くなり過ぎないように注意してください。
手の滑りが悪い場合には、
マッサージクリームなどを使うと滑りが良くなってスムーズです。

 

 

(2) バストの筋トレ

 

バストは脂肪で作られていますが、その脂肪を支えるのは大胸筋という筋肉。
この大胸筋を鍛えることで、胸の垂れを防止・改善が期待出来ます。

 

バストの筋トレで効果的なのが、『合掌のポーズ』。
これは、ヨガのポーズで、背筋をピンと伸ばして座り手のひらを胸の前で合わせて合掌、
ゆっくりと息を吐きながら、両手を中心に向かって押し合うようにします。
この際、肘の角度は90度に保つようにし、
15秒を目安に5回、1日3セット行ってください。

 

 

腕立て伏せもバストの筋トレに最適です。
ひざは床に立てて、腕は肩幅よりも少し広めに開き、
腕立て伏せをしていきます。

 

ここでは腕ではなくて、胸の筋肉を意識して行うようにしてくださいね。

 

呼吸を止めないように注意しましょう。

 

 

(3) バストアップのための栄養を摂る

 

形良い豊かなバストを取り戻すためには身体の内側からのケア、栄養素の補給も必要です。

 

バストアップに効果のある栄養素とは、
身体を構成する元になる良質のたんぱく質。

 

牛肉、鶏肉、豚肉、他に、卵や乳製品、
さらに、豆腐や納豆などの大豆製品にたんぱく質が豊富に含まれていますから
毎日、しっかりと摂るようにしましょう。

 

また、たんぱく質と結びつき肌の粘膜を強化する働きがあるビタミンAも、
バストのハリをアップするのに効果的。

 

ビタミンAが豊富に含まれる食材は
ほうれん草、人参、レバー、うなぎなどです。

 

 

(4) バストケア専用のクリームなどを使う

 

最近は、バストケアのための専用美容液やクリームがたくさん販売されています。
産後のバストアップにも役立ちますし
バストアップに役立つ美容成分が凝縮されたアイテムなので、
バストマッサージをする際などに利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

(5) 正しいブラ選びをする

 

妊娠中から産後、授乳後にかけては、ママの胸の大きさは大きく変化します。
でも、サイズに合わないブラを付けている人が意外と多いです。

 

この時期はバストサイズの変化が大きいので、
ワイヤー入りのブラではなく、ワイヤー無しの授乳用ブラがおススメ。
サイズの合わなブラや、ワイヤー入りのブラをつけていると、
無理な締め付けが、乳腺に悪影響を及ぼします。

 

また、全くブラをしないのもいけません。
授乳をするのにブラがあると面倒だから…という理由で
家の中ではブラをしていないママも多いですよね。

 

ですが、授乳用のブラでしっかり胸を支えることで
胸が垂れるのをある程度、予防出来ます。

 

また、産後は、出産前とはブラのサイズも変わるので、
しっかりとサイズを測ってから、ぴったりのサイズを選ぶようにしましょう。

 

寝ている時につける、バストアップ専用のブラ(ナイトブラ)も販売されています。
ナイトブラも垂れ乳やしぼんだ胸の対策に良い効果が期待できるので
是非利用を検討してみましょう。

 

 

 

授乳後のバストアップ法を5つ紹介しました。

 

どれも比較的、簡単に続けられる方法ですから少しづつでも続けて、
授乳後の胸の垂れやしぼみの改善に役立ててみてくださいね。

 

 

 

 

⇒トップページへ戻る